NJK通信 川と水門の話

このページでは、川の歴史や川の水門の話まとめた資料をPDF形式で閲覧する事ができます。右下をクリックするとPDFファイルが立ち上がります。(閲覧にはAdobe社のアクロバットリーダーが必要です)

第6回 鎌倉街道 上道(かみつみち)
鎌倉:化粧坂を越えて境川を北上し、町田・府中・高崎に出て、信濃・越後へ通じていた幻の古道を紹介します。

第5回 鎌倉 源頼朝:安房国での13日間の謎

石橋山合戦の敗戦からわずか1ヶ月足らずで南関東を平定して、先祖の旧領地である鎌倉を本拠地とするため、房総地方を北上したルートを紹介します。

第4回 小貝川と平将門

貝川は那須烏山市曲畑(そりはた)を源流とする延長112kmの河川です。天智・天武天皇時代頃までは、『小飼川』又は『蚕飼川』と呼ばれていました。今回は、小貝川の平将門との関わりを紹介致します

第3回 ウイングゲートと群馬県

ウイングゲートをリニューアルしました。100箇所以上の実績を基に、広瀬川河畔散策路の紹介も併せて、群馬県での施工例を紹介します。

第2回 埼玉県の古いゲートの話

見沼田んぼ・見沼通船堀の成り立ちや、江戸時代の農務のマニュアル書『算法地方大成』、埼玉県独自の赤レンガ樋門の話です。

第1回 五行川 源流・金次郎・可変軸

栃木県さくら市を西から南東に流れと茨城県筑西市で小貝川と合流する全長約53Kmの五行川の歴史と五行川の可変軸のお話です。 五行川は穀倉地帯の農業用水として、鯉、ハヤ、ヤマベ等が釣れ、長いサイクリングロードが整備されて、景色ものどかで、地域住民から親しまれている川です。