製品案内

転倒ゲート

900箇所以上の実績がもたらす利水と治水における確かな技術
扉体下部に設けたヒンジを中心に起状させるもので、ローラゲートのように高い構造物がないため、長径間のローラゲートより経済的で、美観に優れています。油圧シリンダーが側壁の中にあるトルク軸式とゲートの背面にある背面押し上げ式の2通りがあります。
曲板下軸式転倒ゲート
笹川大塔寺
魚腹式鋼製起伏ゲート
扉体下部のヒンジ部にパイプを通し、油圧シリンダーによる稔りで回転します。
ウイングゲート
河川断面を損ねる事なく設置できます。河床巾部は転倒ゲート仕様で、法面の三角形状部分をゴムや鋼板で接合します。
上吊り式転倒ゲート
ワイヤー等にて扉体が連結された転倒ゲート、比較的小さな転倒ゲート向き。