環境に対する取り組み

行動指針Behavior guideline

  1. 1.環境に関する法律、条例及び規制等を遵守する。
  2. 2.環境に配慮した設計・施工を実施するために施工計画段階から発注者に理解を求める。
  3. 3.廃棄物の分別回収等の実行により、資源リサイクルを徹底し廃棄物を削減する。
  4. 4.光熱水道及び用紙の使用削減等の活動により、省エネルギー・省資源に努める。
  5. 5.長寿命の設備を目指し、エコマーク等、公的な判断基準に適合している物は 、優先的に考慮する。


初めの一歩One step of first

  1. 1.職場・作業所における廃棄物の分別、リサイクル品収集を徹底します。
  2. 2.電力や水の使用を抑制し、コピー機やプリンター、室内照明の省エネ推進活動を 努めます。
  3. 3.製品輸送時は、1都六県以外でもディーゼル排出ガス対策車両を利用しています。
  4. 4.排出ガス対策型建設機械、低燃費型建設機械の積極的利用を推進します。

基本的な事柄ではありますが、簡単な事を全社員が徹底して実施することにより、環境に与える悪影響を低減可能と考えております。 廃棄物はリサイクルが容易になるように、全職場で分別を徹底します。 照明はこまめに消灯、温度は経済温度に設定、暑い寒いは各自衣服にて調整します。 製品輸送時はディーゼル排出ガス対策車両を確認します。 排出ガス対策型建設機械、低燃費型建設機械の積極的利用を図ります。

ごみの分別
廃棄物はリサイクルが容易になるように、全職場で分別を徹底します
>空調温度管理の徹底
照明はこまめに消灯、温度は経済温度に設定、暑い寒いは各自衣服にて調整します。
ごみの分別
製品輸送時はディーゼル排出ガス対策車両を確認します。
ごみの分別
排出ガス対策型建設機械、低燃費型建設機械の積極的利用を図ります。