CSR活動


災害応急対策支援Accident emergency measure support

国土交通省の関東整備局と東北整備局からの要請で、台風及び自然災害が予想される場合、迅速に応援体制が牽けるように災害協定を締結しています。河川管理者、地元管理者等により待機および出動要請が発令また発令さけると予想される場合、河川管理施設(ゲート設備等)の管理(点検・操作・復旧)の支援体制を整えるのが目的です。




平成27年9月10日 台風18号の影響で関東・東北豪雨による鬼怒川災害が発生しました。国土交通省 関東地方整備局より協力・支援要請があり、昼夜にわたり災害復旧に励みました。

迅速な応急復旧に対し、国土交通省 関東地方整備局より感謝状をいただきました。




顧客団体への研修会の実施Workshop to a customer

勉強会の様子土地改良事業団体連合会の要請によりゲート設備の適正化事業に対して研修会を実施し、転倒ゲートの修理方法、油圧についての勉強会を実施し、ゲートの延命化について貢献しています



地域住民の皆様への工場見学、現場見学の実施Site tour to a resident

現場見学の様子地域住民の方々や小学生の皆様に工事現場の見学会、工場見学を開催し、治水活動の大切さの理解を深めて頂くための活動を推進しております。